メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

診療内容

・眼科一般
結膜炎・ドライアイ・白内障・緑内障・コンタクトレンズ/眼鏡処方など
※オルソケラトロジー、低濃度アトロピン点眼にて近視進行の抑制も行っています。

・レーザー治療
糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔、後発白内障に対するYAGレーザー、狭隅角に対するレーザー虹彩切開など

・各種日帰り手術
白内障/結膜/まぶたの疾患/硝子体注射など

診療時間

診療時間

※水曜日・土曜日午後・日曜日・祝祭日は、休診です。

※第1、第3、第5木曜日の午後の診察は、代診Drとなる場合がございます。

※コンタクトの初診の方は、受付終了30分前までにお越しください。

近視進行の抑制治療

「低濃度アトロピン点眼」

低濃度アトロピン点眼


「オルソケラトロジー」

オルソケラトロジー

コンタクトレンズの取り扱いについて

澤眼科ではCooperVision、Johnson & Johnson、BAUSCH LOMBのコンタクトレンズを取り扱っております。それぞれの価格などは、「AYUコンタクトレンズ価格表」のPDFファイルを参照ください。

高額療養費制度について(H29年8月以降変更あり)

家計に対する医療費の自己負担が過重にならないように、1か月間の上限額を超えた場合に超えた分の金額を支給してくれる制度です。1か月とは「その月の1日〜末日まで」のことです。

70歳以上の方の場合の上限額 (カッコ内はH29年8月以降の上限額)

現役並みの所得の方:44,400円⇒(57,600円)

それ以外の方:8,000〜12,000円⇒(8,000〜14,000円
          また年間上限144,000円)


69歳以下の方は所得に応じており上限額は様々です。



また、いくつかの条件を満たすことで負担を更に軽減する仕組みも設けられています。

詳細は厚生労働省のホームページにある「高額療養費制度を利用される皆様へ」のホームページを参照してください。※出典:厚生労働省ホームページ



院内紹介

設備紹介


【TOPCON社製 無散瞳眼底カメラ】

眼底の写真をとるためのカメラです。

緑内障や糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などの診断を行います。


【HAAG-STREIT社製 細隙灯顕微鏡BQ900】

すべての基本になる機械で眼の中を観察し病気の診断をするために使用します。


【Canon-lcs社製 Elclave Full Auto】

高圧蒸気滅菌機で器具を清潔に保つ為に滅菌を行う装置です。


【KONAN medical社製 NONCON ROBO PACHY】

角膜の内側にある角膜内皮細胞の形や数を調べるための機械です。


【TOMEY社製 光学式眼軸長測定装置・超音波A mode】

角膜の形や眼の長さを測定することができ、それを元に白内障手術時に挿入する眼内レンズを決定することができます。


【Optovue社製 光干渉断層計 SD-OCT iVue】

網膜の断層写真を撮ることで網膜の状態を詳細に観察するための装置です。


【TOPCON社製 Noncontact Tomometer CT90A】

非接触型の眼圧測定器です。


【TOPCON社製 オートケラトレフラクトメーター KP-8100P】

眼の屈折度数を調べる機械です。視力検査やメガネ処方箋の作成の際に用います。


【HANDAYA製 中心フリッカー測定器】

ちらつきの見え方で主に視神経の疾患の程度を評価する検査です。


【Humphrey Field Analyzer 830i】

緑内障などの精査に用いる中心30°の範囲の自動視野計です。


【ゴールドマン視野計】

緑内障、脳内疾患での視野測定に用います。

全体の視野の広さを測定できます。


【5m視力表】

5mの距離で視力を測定します。

調節をすぐしてしまう子供の視力検査にとても有用です。


【1m視力表】

1mの距離で遠方視力を測定できる機械です。


【手術顕微鏡】

手術の際に眼内を拡大して観察することができます。

Centurion Vision System

【Alcon社製 白内障手術装置Centurion Vision System】

Alcon社が開発した白内障手術装置で世界最上位にあたる機種です。優れた性能を持ち手術の際に大いに力になってくれます。

アキュラス

【Alcon社製 硝子体手術装置 アキュラス】

黄斑円孔や網膜前膜、網膜剥離、硝子体出血等の眼底疾患の手術に用いる硝子体手術装置です。長年世界でその信頼性の高さから多く使用されてきた優れた機械です。


【NIDEK社製 マルチカラーパターンスキャンレーザー装置 MC-500Vixi】

NIDEK社製の最新のマルチカラーレーザーです。今までのレーザーは施術の際には比較的痛みを伴うものでした。中には痛みの為に通院を自己中断し、その為に病気が進行してしまい再診時には手の施しようのない方もいました。当院のレーザー照射時間をかなり短縮することで痛みをかなり軽減できる最先端のレーザーです。糖尿病網膜症や静脈閉塞症、網膜裂孔など様々な疾患に役立つレーザーです。


【NIDEK社製 YAGレーザー手術装置 YC-1800】

NIDEK社製のYAGレーザーです。後発白内障やレーザー虹彩切開術に使用します。


ページの終了