メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

院長挨拶

澤眼科医院、院長の澤雄大と申します。先代院長である父、澤孝一が昭和54年に開院して以来約35年、総持寺駅前でかかりつけ眼科として地域の皆様の眼を守って参りました。

そして昨年医院を私達夫婦で継承し、以前にもまして皆様のお役にたてるようH28年6月からは日帰り手術も開始いたしました。今まで培ってきた技術で白内障手術を始め眼瞼下垂、逆まつ毛、まぶたの腫瘤等様々な疾患の加療を患者様一人一人の立場に立って行っていく所存です。

もちろん入院治療が必要な方も多くおられます。長年当院と地域連携をしていただいている大阪医科大学附属病院、高槻赤十字病院、北摂総合病院、高槻病院等の総合病院、また近隣の開業医の先生方との関係を大切にして皆様に更に良い医療を提供できるよう微力ながら全力を尽くす所存ですのでよろしくお願いいたします。少しでも眼に関してお困りのことがあれば是非一度お立ち寄りいただき御相談ください。

澤院長

院長 澤 雄大

1980
大阪生まれ
1999
奈良県私立東大寺学園卒業
2007
大阪市立大学医学部卒業
臨床研修開始
2009
大阪市立大学 視覚病態学教室 入局
大阪市立大学 医学部附属病院 勤務
2012
泉大津市立病院 勤務
2013
大阪市立大学 医学部附属病院 勤務
2014
石切生喜病院 勤務
2016
澤眼科医院 勤務


保有資格

眼科学会認定眼科専門医
PDT認定医
ボトックス治療認定医
難病指定医


専門医

副院長挨拶

これまで、出身大学である大阪市立大学附属病院や公立総合病院で、勤務医として外来診療および手術に従事してまいりました。2014年12月から澤眼科で診療しております。 眼科全般の診療をしておりますが、網膜硝子体や小児眼科に力を入れて勉強してきました。澤眼科でも今後さらに検査内容を充実させ、成人だけでなく小児の診療も充実させていきたいと考えております。

診療所のいい所は、かかりつけ医であることだと考えております。患者さまとの距離が近く、眼科以外の体調の変化や日常生活について十分にお話をする機会が得られ、そこから不調の原因をつきとめることもあります。重篤な病状では頻繁に受診していただき、病状の変化を確認したりそれに応じて薬剤を変更していくこともできます。もちろん必要なときには迅速に病状に合った病院をご紹介することもかかりつけ医の務めです。

そういった診療所の役割をしっかりと担っていくことで、地域の皆様のお役に立てるようがんばっていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

副院長

副院長 澤 明子

1976
大阪生まれ
1995
大阪教育大学教育学部附属天王寺高等学校卒業
1999
大阪大学薬学部 卒業
2000
薬剤師免許取得
2007
大阪市立大学医学部 卒業
臨床研修開始
2009
大阪市立大学 視覚病態学教室 入局
大阪市立大学 医学部附属病院 勤務
2013
泉大津市立病院 勤務
2014
大阪市立大学 医学部附属病院 勤務
澤眼科医院 勤務


保有資格

眼科学会認定眼科専門医
PDT認定医
難病指定医


スタッフ紹介

いつでも笑顔をモットーに患者様の気持ちに寄り添った対応を心掛けています。

何かありましたらいつでもご相談ください。

スタッフ


ページの終了